近況

鍋のスープの種類増えたよねー。今日は鍋キューブの鶏だしで野菜とちくわ煮て食べたよ。 母は今期は綾瀬はるかのやつと陸王とドクターXと相棒を見てるらしい。豊作な方。これで渡る世間あったら鬼に金棒。体調あんまり良くないらしくてレンタルしに行くのが…

近況

とんぼが道案内してくれたのは少し前だったはずなのに、今日の札幌は水分をたっぷり含んだ雪が降りました。小さい頃はスキー授業が憂鬱なあまり、布団の中で、「今年の冬は異常気象で雪が降りませんように・・いや、降ってもいいけど積もりませんように・・…

恋愛ネタ

9月1日から数回に渡って中年の恋路について書いてきましたが、無事にお付き合いすることとなりました。他のどれでもなく、「もっと話してみたい」が先頭に来たのが私にとって幸せなことでした。お付き合いするまでは家に上がることも上げることもする気が無…

覆面読書会の雑感

昨日、Twitter上で覆面読書会の投稿順を発表しましたが、念の為こちらでも。 1 けんすさん 2 あみさん 3 まつさん 4 ロンペさん 5 DDDさん 6 ゆみ 7 あべちゃん 8 みかんくん 全員分当てた人はゼロで、5人を当てたけんすさんが最優秀賞でした。 このパソコン…

覆面読書会2017秋「ムーン・パレス」エントリーNo.8

※感想文によっては一部ネタバレを含みます。 ちびまる子ちゃんの漫画、何巻だっただろうか。失念してしまったが、青春について考える話がある。まだ青春とは無縁の精神年齢であるまる子が祖父の友蔵に「青春とはなにか、いつ始まって終わるのか」と質問する…

覆面読書会2017秋「ムーン・パレス」エントリーNo.7

※感想文によっては一部ネタバレを含みます。 筆者がこのムーンパレスという人物喜劇、もしくは悲劇の感想を書こうとしても何から書き始めればいいのか悩む。こういうときは思いついたところから書き始めることにする。 これは感想文を書くという目的なので、…

覆面読書会2017秋「ムーン・パレス」エントリーNo.6

※感想文によっては一部ネタバレを含みます。 そろそろコタツを出そう。秋はいつも控えめにやってくる。読み慣れていない洋書に構えていたからか、主人公が思い切った買い物をする時の「清水の舞台から飛び降りるつもりで」ってセンテンスが妙におかしかった…

覆面読書会2017秋「ムーン・パレス」エントリーNo.5

※感想文によっては一部ネタバレを含みます。 フォッグに魅せられて まず私が惹かれたのは、フォッグの孤独な生き方だ。大学も行かなくなった後に全財産を計算して少しずつ貯金を使い叔父さんから譲り受けた本を読みつぶし売って、残高ゼロになるまで生活する…

覆面読書会2017秋「ムーン・パレス」エントリーNo.4

※感想文によっては一部ネタバレを含みます。 孤独と偶然。この印象が強い。 ポール・オースター作品を読むのははじめてではないが、かなり前に読んだため内容はほとんど覚えていない。ただ以前に読んだ作品でもこれを、孤独と偶然、の印象を強く感じたのは覚…

覆面読書会2017秋「ムーン・パレス」エントリーNo.3

※感想文によっては一部ネタバレを含みます。 題名:オースターと東洋哲学 本作は主人公であるマーコ・フォッグとその一家のクロニクルである。 そのあらすじは冒頭2ページに記されている。 コロンビア大学(アイビーリーグに属する名門校。100人以上のノー…

覆面読書会2017秋「ムーン・パレス」エントリーNo.2

※感想文によっては一部ネタバレを含みます。 「考えてみれば、図書館というのは現実世界の一部じゃありませんからね。浮世離れした、純粋志向の聖域です。あそこなら一生、月にいるまま生きていけますよ」 心に残る象徴的な表現が多いこの作品の中で、特に印…

覆面読書会2017秋「ムーン・パレス」エントリーNo.1

※感想文によっては一部ネタバレを含みます。 読書感想文2017年秋 課題作品「ムーンパレス」 物としての本を読んでいると、あとどのくらいで話が終わるのかが物理的情報としてわかります。左手から読了の予感を感じ始めると、面白い本ほど作品に残された時間…

覆面読書会についてお知らせ

こんばんは。いよいよ「覆面読書会2017秋」が開幕します。 今回は私の独断で、ネタバレ可としています。「ムーン・パレス」を今後読む方にとっては、事前に知らない方がいいと思われる情報も含まれています。なので、感想文を読んで当てて欲しい、という気持…

明日からスタート!覆面読書会2017秋

Twitterで私と繋がっている方はチラッと目にしたかもしれませんが、先日、「課題図書を決めて、みんなで感想文を書き、それを公開して誰がどの文を書いたか当てる読書会」を企画しました。急な思い付きにも関わらず、7名の方が参加してくれることになりまし…

初映画

一週間前の自分のブログが、遠い昔のおとぎ話に思えるくらい、関係性が変わった。付き合ってはいないし、一切の触れ合いもない。だけども、変わった。お互いの日常に、いきなり食い込んできたお互い。あっさり平常心でいられるようになった自分だけど、相手…

こんなもの

待ち合わせ場所まで、地下鉄ではなく1時間歩いた理由は、ソワソワしていたから。カウンターが好きな理由は、真正面だと照れるから。 そういう事は素直に言える。でも別れ際、「今度は(そちらから)誘って欲しい」と言えばいいのに、「〇〇さんは私を誘いま…

愛犬へ報告

5人で飲んだ帰りの地下鉄。 男性・女性・その人・私・男性の並び。向かいの座席には誰も座っていないから、ガラスには5人が映っている。それを視界の端っこで捉えて、すぐに目をそらした。本当はガラスに映ったその人を見たかったのだけど、もし目が合ったら…

いい夜の歩み

母と夕食を共にした。レモンサワーを一口あげた。母は烏龍茶。母の最近お気に入りのアイスはヨーロピアンなんちゃらってやつで、時々一日二個食べてるそう。体重は人生でマックスなので痩せたいらしい。私はお気に入りの猫のホイップクリームちゃん(通称ホ…

私信のようなもの

父の葬儀の次の次の日には、会社にいつも通り出勤しました。最も近い肉親が亡くなって一週間も経っていない状況でしたが、ありふれた日常に身を置く事を選びました。お通夜に来てくれた方々へお礼を言い、お悔やみの言葉を受け取り、私を見る周りの目に何か…

字余りのツイートのようなもの

今日の飲み会で隣になった人が話しやすくて、同い年って事がわかって余計親近感が湧いたんですけど、他の方が、「(こいつ独身だけど)どう?」って感じで、私に聞いてきたんですよね。私はその人に好印象を持っていたのに、咄嗟に、「いや、私バツイチなん…

ソース

お隣さんからとうきびをもらった、と母から連絡があったので、実家に寄ってきました。テーブルには、ラップにくるまれた茹でとうきび、綺麗に盛られたレタストマトキュウリブロッコリー、ウィンナー。「これ食べたことある?」と私に見せてきたのはやきそば…

「不帰の初恋、海老名SA」を読んだ

とにかく一緒にいるのが楽しくて、離れている時、あの人が私より大切に思えるものに出会ったらどうしよう、なんて不安になる恋をしていました。ドライブ中にミスチルの「youthful days」が流れると、「ねぇねぇ!サボテンが赤い花をつけたからうちにおいでよ…

早上がりのひととき

とにかく体が丈夫な私は、滅多に仕事を休まない。あまりにもいつも同じ調子なので、上司に「〇〇さんはほんと風邪ひかないよね」と言われた事もある。いつもそこにいる人、いつ掛けても電話に出る人、それだけで得られる信頼感もあるだろうと思っている。む…

ドライブ願望と「アートスクール・コンフィデンシャル」

まだ見ぬ好きな人とドライブに行きたい。コンビニに飲み物買いに寄って、そのついでにおやつ買ったり。ドライブスルーして、車運転しながら食べるつもりだったんだけど、公園の横に停めて食べたり。ソフトクリーム食べたり、温泉寄ったり、帰り道、もう少し…

「屋根裏の散歩者」

「屋根裏の散歩者」 窪田将治監督 2016年公開 古びた下宿屋。郷田(河合龍之介)と遠藤(渕上泰史)の部屋は隣同士。歯科助手をしている遠藤は、直子(間宮夕貴)という婚約者がありながら、患者の照子(木嶋のりこ)とも関係を持っている。ある日、照子が郷…

ぼんやりと

休暇を取っていたのを忘れて、うっかり普通に出勤してしまった職場の方。「幽霊的な感じで・・・」と言って仕事をしていた。 今年の3月末、北海道のはじっこの地域へ行くよう辞令が出た50代の男性がいた。「単身赴任ですか?」と聞く私に、「子育ても終わっ…

よくわからない話とシジミ

先日、(恐らく)蚊に刺されまして、手の甲が腫れました。 挨拶もなく身体に触れ、針を刺し、血を抜き、痒み成分を残していく。すごいご身分だなと思います。ギブアンドテイクの概念をわかっているようなわかってないような。仕事中、刺された部分が熱を持っ…

友達との3時間

昨日のお昼、中学からの友達とご飯を食べた。会うのは2年ぶりくらいかな。今は3人の子供のお母さん。待ち合わせ場所には、旦那さんと末っ子ちゃんもいて、私を見るなり、旦那さんは「当たった」と嬉しそうだった。私の髪が長いか短いかを賭けていたらしい…

3連休初日

3連休の初日。まず、あべちゃんと「スパイダーマン:ホームカミング」をIMAX3Dで。あっし、マリサ・トメイみたく年齢を重ねたいー。笑っても怒っても可愛いー。スパイダーマンの造形って格好いいなぁって改めて思った。スタイル良くって、シュっとしてて。一…

しみじみと。

最近の札幌はずっと20度台をキープしていて、とても過ごしやすい。 母は、私の元旦那さんのご両親に、住所が変わったことを伝えるのを兼ねて暑中お見舞いを書いたと言っていた。それを読んだお義母さんから母に連絡が入り、久しぶりに話をしたとの事。二人…