つい先月まで、窓の外は幹と枝の茶色だらけだった。今は一面、緑色。全部引っこ抜いて植え替えたんじゃないかって疑うくらい、景色が違う。成長、早すぎないか?準備してる感を見せない。頑張ってる感を見せない。私はちょっと拭き掃除したりなんかすると、京極さんに、「掃除したさ!!」と鼻の穴を膨らませて報告し、褒めてもらおうとする。「えらい!」って言われたい。ふふーん、と得意な顔をしたい。

 

昨年7月、日当たりの良さと風に揺れる緑の木々が気に入って、この部屋を選んだ。だから、雪の白さと裸の木が広がる冬の景色に寂しさを感じた。そんな時に私の目を保養してくれたのは、観葉植物だった。今まで、観葉植物を育てた事がなかった。すぐ枯れるのではという心配をよそに、生き生きとした葉をつけている。

 

ポトス、パキラ、カポック、ゴムの木、コーヒーの木、ベンジャミン、アジアンタム。皆、個性がある。水やりがうまくなかったのか、アジアンタムだけは見るも無残な姿になった。モコモコした可愛いらしい姿が、カサッカサ。落胆して捨てそうになったが、かろうじて息がありそうなものだけ残した。恨めしい顔で眺めていると、徐々に初々しい若い葉が増えてきて、「!!!!」ってなった。なんて健気な・・。一つの鉢にいくつもの季節がある。

 

何かの成長を見守るって、生活する上で大事なことなのかもしれないなぁなんて思ったりする。愛犬も、観葉植物も、守ってるつもりでいるこちらが、守られているような、かけがえのない何かをもらっているような。それが、潤いなのか、張りなのか、癒しなのか、ぴたっとする言葉はわからないけど、きっと、自分の身体や気持ちに水をやったりする事も同じくらい大切な事なんだろう。なんか気取ったまとめ方をしちゃった。はず。もうなんせ褒められたいからさ。

実家

今日は仕事帰りに実家に寄った。前の日に「明日、職場でもらったお菓子持ってくよ」と電話をすると、「えー悪いよ。彼氏さんと2人で食べなー」、「2人じゃ食べきれないから」、「そうおぉ?ありがとう」。うちの母はモスのてりやきバーガーが好きなんだけど、「モスのてりやき買ってく?」「えー、うーん・・・・」「いらない?」「・・嬉しいけど・・・」と、まずは遠慮するけど結局はYESというお約束の会話の流れ。最初から「イェーイ!」でいいよ。あ、うちの母親が「イェーイ!」って言ってるの聞いた事ないかも。64歳のイェーイ。

 

エスタで色々追加で買って母の家に着くと、大皿にイチゴ・キウイ・オレンジ・りんごが綺麗に並べられていた。「果物は高くても薬代わりに買いな」という父の言葉を思い出した。しみ豆腐とわかめのお味噌汁も作ってくれていた。諸々のお菓子を渡すととっても喜んでくれて嬉しかった。あのリアクションの良さ、見習いたい。スナッフルスのチーズオムレットを特に喜んでいた。わかる。昔はチーズケーキはなんかくどい感じがして好まなかった私だけど、スナッフルスのを食べて、「んまーーー!」ってなって開眼したもんな。

 

母は掛ける人が限られているキッズケータイみたいなのを持っているんだけど、小さい画面にどう操作しても消えないマークが急に出てきたと言っていたので見せてもらった。管理設定の4桁の暗証番号に色んな数字を入れたけど開かないと言っていたが、よくよく聞くと、数字を入れるとそれが※に代わる事(ネット民にはおなじみのやつ)をエラーと判断していて、1桁目から進めていなかった。※になっても進めていいんだよ、とやって見せてもいまいちピンときていなかった。そうだよな、自分にとって当たり前の事が他の人にとってはそうじゃないこともあるんだよな、でもそうか・・ここでつまづくか・・・、とじわじわとしたものが胸に迫ってきた。いいきっかけだった。私はこれから、母に何を聞かれても、「こんなこともわからないのか」というニュアンスを含んだ態度を、一切取らないようにしようと思った。これからきっと、IT化に取り残されて歯痒い思いをする事も多くなるだろうけど、自分なりに手助けしていけたらいいな。そっちの分野に疎くても、母は私よりももっともっとたくさんの事を知っている。

 

読書

今、栗原康著・伊藤野枝伝「村に火をつけ、白痴になれ」を読み終わった。文中に「ギロチン社」というワードが出てきて、あ!!と思い、寝っ転がっていた身体をすぐさま起こし、映画「菊とギロチン」のパンフレットを探し出した。人物相関図に出てくる名前と、文中に出てくる名前が何名も一致し、胸の高鳴りを覚えた。こんな風に、点と点が思いもよらない所で繋がる興奮があるから、映画鑑賞も読書もやめられないんだと、今誰かに伝えたくて急いでこれを書いている。

 

菊とギロチン」は大変面白く観たのだけど、実はギロチン社に関わる部分は登場人物が多くて、関係性をうまく把握できなかった。今回、思いがけないタイミングで彼らとまた出会い、躍動していた彼らをもう一度観たいと思った。

 

「村に火をつけ、白痴になれ」も大変面白かった。雨宮まみさんがこの本の書評を書いていたのが記憶に残っていて、手に取った。伊藤野枝さんの激動の人生に触れて、今、私の胸の奥が燃えている。今の日本の状況を伊藤さんがもし知ったら、「何にも変わっていないではないか!」とぶちぎれるんじゃないだろうか。京極さんとの生活を謳歌する私に、早く結婚しろとせかすあの人達は、すぐさま伊藤さんの標的になるだろう。ずるい私は、伊藤さんの後ろに隠れて、「そうだそうだー!!」と声を上げるだろう。私には、ちゃんと話してわかってもらおうという意思が欠けている。

 

「この人と一緒にいたい」という気持ちと「結婚制度」が結びつかない人が、周りの声に流されず、当人達にとって最も居心地の良い環境を得られる事を、私は望んでいる。他の誰でもない、あなたがどうしたいか。そして、自分とは違う選択をする誰かを尊重できるか。いつだって試されている。私は今の生活が大変気に入っている。

 

窓を開き、そのすぐそばに毛布を敷き、日を浴びながら、風に吹かれながら、外の枝に小さな新芽が出ている事を確認しながら、横になって読んだこの時間は、とても満ち足りていた。

10連休後半スタート。

休日は起きたら笑っていいとも増刊号がやってたり、それ通り越してアッコにおまかせくらいまで8度寝くらいしてた私がですよ。起きてますよ。朝に。朝にゴミを捨てる、という任務を課し、心地よい風が吹いてそうだからと、朝散歩中ですよ。「あさんぽ」って名付けて悦に入ってますよ。僕モテガチ話聴きながら、時折鳥が話しかけてきますよ。いやー朝ですね。

 

今のお家に越してきたのは昨年の夏。部屋からの春の景色を初めて味わう。まさかね、窓の正面にある木が桜だなんて思いもしなかった。密度が低い、ささやかな桜だけど、なんでしょう、私実は桜なんです、ってずっと言い出さないおしとやかさ。秘すれば華を体で表した。

 

1秒ごとに変わっていく。朝の明るさ、風の芯の温かさ、小躍りするように舞う花びら。

休みである

俗にいうGW。昨夜は京極さんと前夜祭をした。塩ホルモン1皿320円くらいのお店。丸腸、塩ホル、味噌ホル、サガリ、ライス大。レモンサワーとグレープフルーツサワーを飲んだ。たかが二杯で酔う私ではない、と思いながらも、ホワっとしたものが体内に残って終始ご機嫌であった。翌朝、「昨日のお店、お酒濃く作ってくれてるのかなぁ」と言った私に、「それか安いお酒使ってるかだね」と京極さんは言った。その発想はなかったわ

 

朝食はおかめやの食パンをトースト。初めて買ったよ、おかめや。前日に直売所の喫茶店で卵ホットサンドを食べた。最寄駅北24条の貳拾参屋(ふとみや)珈琲店。卵サンド、絶品でございます。

f:id:yumishidesu:20190427191233j:image

食パンは要予約。当日朝に電話した。1本550円。1斤じゃないよ。本だよ。焼きたてでまだホカホカ、そしてフワンフワンに柔らかい。持ち歩き用の袋的なものはない。ハーフの豆パンはリュックに入れ、食パンは左腕に乗せてお店を後にした。「腕がこの長さでよかった・・」という初めての感覚に巡り合う。左腕がほのかに温かい片腕食パンガール。

f:id:yumishidesu:20190427191212j:image

ガールというワードに頬を赤らめつつ、さすがに地下鉄には乗れんと思い、母に電話をし、半分あげることに。お店から徒歩15分くらいの母の家に、左腕や右腕を温めながら到着。母は食パンがブームであることを知っていた。私は「千円以下で贅沢な気分を味わえるから流行ってるんだよ」と冷めた意見を言った。内心はテンションぶち上がり。

 

今朝焼いて食べたおかめやのパンは、むっちりみっちりとしていて、密度が濃かった。食べながら、「180デニールのタイツみたいだわ」と京極さんに伝えた。小さく賽の目切りにした豆パンも甘くて美味しかった。

 

GW幕開け。「2連休ということにして、日曜に、はぁ明日から仕事だ・・って言うから、明日も休みだよ!って言って。やったー!!って喜ぶから。」と京極さんにお願いした。2人でまずしたのは「ゴーストバスターズ」を観るという、渋く、楽しい事だった。

 

今、京極さんはセキローというゲームをやっている。いつもその名前を思い出せず、まずスギゾーが頭に浮かぶ。

朗らかな午後

今日はラッキー早退デー。平日の晴れた昼間に外を歩いていると、なんだか得してるような気になっちゃう。ルンルン気分で友達と落ち合ってランチ。スープカレーのラマイに行ったらなんと10人くらい待っている・・ガラクかよ!スープカレーは並んでまで食べるものではない。少し歩いて同じくスープカレーのouchiに行ったらすぐ座れた。クーポンでブロッコリーをサービスしてもらった。美味しかったよ。

 

カレーを食べながら互いの近況報告。友達の子供は小学2年生の女の子。私はその子(あーちゃん)が大好き。あーちゃんが新学期も無事に学校に通えているようで安心した。その後、友達の家にお邪魔し、超美形のワンコに吠えられまくったが、「ちは!」「前も会ったね!」「ゆみちゃん!」「ゆみちゃん?!」って言ってくれてるだろうと前向きな妄想をした。お茶を飲んでると、あーちゃんが帰ってきた。あーちゃんはダンスを週一で習っているらしく、動画を見せてもらったら、私が高校の創作ダンスで踊ってたのよりも二億四千万倍格好良くて、完全に億千万だった。

 

あーちゃんの毎日の宿題を見せてもらったら、これ毎日は疲れるわ・・・という量だった。B4表裏に計算やら漢字の書き取りやら。お疲れ様だなぁ。私の小さいころは何もなくて(多分)、志村けんのだいじょうぶだぁで笑ってるだけの毎日だった気がする。しかもその宿題、親が丸を付けるんだって!ひえー。

 

あーちゃんと恒例の絵しりとりやったんだけど、「び」か「ひ」ね、って時に、あーちゃんは大きめの丸を書いてさ。全然わかんないから答え聞いたら「ビッグ!!」だと!!ひえーーーー!!!たとえビッグを思いついても書こうと思わんぞ!スケールのでかい女だぜ。私ならビルでお茶を濁す。あと私が「マスク」を描いたんだけど、あーちゃんは女の人がマスクをしている絵だから「ママ」だと思って、「マネキン」を描いて、「ん」がつくからやめてクシャクシャって書き潰すっていう可愛いくだりもあった。実際のママも花粉症でちゃんとマスクしてたから、よく見てるなぁと思った。

 

今回の絵しりとりも、同レベルの白熱したラリーが続いた。あーちゃん、いつまで私と遊んでくれるんだろう。水色のキレイなランドセルから教科書を出して見せてくれた。

 

さて、これから友達とマグロ食べてくる。

その後

昨日はあのまま寝付けず、本を読了した。朝ごはんは残り物のドライカレー。テラスハウスでまさおさんがしじみの出汁でカレーを作っていたのを覚えていて、スーパーでしじみのパックが半額の88円だったから実践してみた。

 

しじみを茹でて、汁と身に分ける。みじん切りにしたにんにく、生姜、玉ねぎ、人参、舞茸、しいたけ、豚ひき肉を炒める。出汁で煮る。カレーパウダー・コリアンダー・チリパウダー・固形ルー・しじみを入れて煮る。水分が減ったら出来上がり。美味しくできたのだけど、自分の中では水で作った時とさほど変わらない印象だった。でも、どういうレシピで作ったのか知らない京極さんが一口食べて「何この本格派」と言った。

 

Netflixビヨンセのライブ映像見ながらエアロバイクをフンフン言いながら漕いだ。あの神々しさとたくましさ。気合いが湧く。お風呂に浸かって、つどーむでやってる巨大フリマに向かった。

 

ステージでは見知らぬアイドルグループが歌って踊ってたんだけど、ファンの男の人が単独で時折叫んでいた。一文字も聞き取れなかったけど、応援してることはめちゃくちゃ伝わった。フリマは、堂々と値切り、シャツ3枚とスカート1枚、文庫本4冊を買った。売ってる人たちは、おにぎりを食べてたり、スマホをいじってたり、親の付き合いで来たであろう兄弟が飽きてじゃれてたり、何もかもが自由であった。

 

さて、これから「愛がなんだ」だぜ!さっき「荒野にて」を観て、久々のはしご。