読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塩田明彦監督作「風に濡れた女」

塩田明彦監督作「風に濡れた女」を観て来ました。ネタバレはさほどしません。というか、そもそもこの映画のネタバレって何なんだろ。

 

初ロマンポルノでした!

こんな出会いでセックスまでいくのかい?!と思うような突飛な幕開けだったんですけど、あれよあれよと、それはもう自然にいくもんですねー。普段映画を見てて、「そこでおっぱいださないんかーい!」って感情と、「よっしゃ、おっぱい見れた!」って感情は、どちらが強くて、どちらがより集中力の妨げになるんだろうと考えたことがあります。
本作はロマンポルノと銘打ってるので、おっぱいが出ることはわかっていましたし、一切焦らされることなく、潔く出してくれたので、観ていて気持ちが良かったです。映画に1カットでもあればありがたいラッキースケベが映画に詰まってるわけだから、それは楽しいですよね。

 

突飛なのは冒頭だけじゃなく全編そうなんですけど、もうその訳のわからなさが心地良かったです。ヒロインの間宮夕貴さんは、相手にこう思われたらどうしよう、うざいかな、嫌われないかな、など、行動を無駄に制限するそんな感情とは無縁の女性です。強気な表情、よそいきの表情、幼い表情、感じている時の表情。どれも全然違って、どれも魅力的でした。低めの声もいいんですよねー堂々たる脱ぎっぷりも素晴らしい!

 

映画自体が全体的に陽な雰囲気で、生命力に溢れたセックスシーンもありました。セックスってやっぱいいものだよなぁ、一番距離が近いコミュニケーションだよなぁ、と感じました。恥じらいとか焦らしを求める人は物足りなさを感じるかもしれませんが、笑えるところもあったり、生きのいい女性(複数)を堪能できるいい映画でしたよ。綺麗な女性は同性の女性にとっても目の保養です。

 

「牝猫たち」も観る予定!